派遣運転手さんに聞いた!運転手をしてよかったことベスト3

お客さんからチップをもらえる

運転手として、様々な会社に派遣されて業務を行っていると、時には会社の重役や外国の要人のドライバーを努めることもあるそうです。外国では、運転に満足したときにはチップを支払うのが慣例になっていますから、ときおり現金をいただくこともあるといいます。中には気前のいい人もいて、1万円札をもらったことがあるというドライバーもいるほどです。羨ましい話ですよね。チップをもらえるほど、立派な仕事を成し遂げたと思うと、自分の仕事ぶりが評価されたみたいで嬉しいものですよね。

都内の裏道に詳しくなった

プロのドライバーとして、毎日地図とにらめっこしているうちに、以前は全く知らなかった裏道にやたらと詳しくなってしまったという運転手も多くいます。運転手には、できるだけ安全に、しかも迅速に同乗者を目的地まで運ぶことが求められるので、如何にして渋滞にかからずに車を走らせるかが重要になってきます。だから、裏道の研究には熱心に取り組むという人が多いんです。このプロフェッショナルな姿勢があればこそ、仕事を続けられるんですね。

大好きな車を一日中運転できる

仕事として運転手を選んだ理由は、車を運転するのが好きだからという人も結構多いんです。子供の頃から、車が大好きだったという人にとっては、派遣先でいろいろなメーカーや車種の車を運転できるというのは、それだけでも幸せなことなんでしょうね。派遣された会社によっては、庶民にはなかなか運転する機会がない高級外国車に乗れることもあります。車好きには、趣味と実益を兼ねた最高のお仕事だと言えるでしょう。自分が好きなことに関係する仕事に就けるなんて、幸せですよね。

運転手の派遣は、団体旅行などでバスを利用するときなど、大型自動車で移動するため大型免許が必要なときに利用すると便利です。