現代における物流倉庫の仕組みを考えてみよう

働き易さと倉庫の仕組み

仕事はつまらないよりか、楽しいほうが良いと誰もがおもうはずです。朝起きて行きたくない仕事になってしまっては、品質や生産性も上がりません。働き甲斐のある職場づくりを進めると同時に、スムーズな物の流れも作り出さなければなりません。倉庫での作業は入荷した在庫を入庫し、発注がかかったものを出庫します。出庫したものは最終検品場へ送られて検査した後、出荷されます。非常に単純な仕組みではありますが、多くの倉庫が過剰在庫に圧迫されたり、管理出来ない部分で作業性を考えなくてはならないようです。

品質と生産性、ハーフハーフ

品質だけを追求するなら、時間をかけて丁寧に作業をしていけば良いのですが、出荷時間に間に合わなければ品質どころか相手先に届けることすら出来ません。逆に生産性ばかり追い求めていると、荒く雑な仕事になってしまい品質を低下させてしまい、相手先に不良品を届けてしまうことにもなり兼ねません。高品質で尚且つ、高い生産性を打ち出すには一体どんな方法があるのでしょうか。倉庫内作業の効率はレイアウトにあるといっても過言ではありません。

物流倉庫における将来

ロケーション管理を行い、入庫と出庫での間違いを無くし、5Sなどの環境整備も取り入れて整然とした倉庫を目指すことが重要です。現在、最先端の物流技術によって開発されている自動倉庫システムを導入している倉庫が増えています。物流におけるマテハン機器開発メーカーおいて日々、研究開発が進められており、倉庫業では近い将来、多くの倉庫でこうした最新システムの導入が進むと考えられます。機械による作業でミスを防がれて、高品質で無駄のない作業に改善されてゆくはずです。

業務で使う為の倉庫の物件を探す場合には専門に取り扱いをしている不動産の業者であれば立地や家賃などの条件別に調べられます。