高齢化社会によって便利屋の需要が高まります。

介護保険を利用できない人が利用するようになる。

便利屋とは、さまざまな用事や雑用などを代行して請け負うことを仕事としている業者のことです。便利屋にはさまざまな依頼が寄せられており、業務をしています。近年は高齢化社会の影響もあり、特に高齢者からの依頼が多くあります。通常介護を必要とする人で、介護認定を受けている人なら、家事や買い物などを介護保険を利用してホームヘルパーにしてもらうことができますが、介護認定を受けられない人は自分でこなさなければいけません。そのような人たちに代わって便利屋が、家事や買い物などを代行しています。

自宅の設備の修繕を行う。

高齢者は、体力も衰えている人が多く、例えば自宅の部屋の電球を取り替えるということだけでも一苦労ですし、転倒する危険性もあります。便利屋では電球の交換はもちろん、自宅の設備で修繕したいところを直すことも代行します。また、例えば電気関係と水道関係を同時に修繕したいと思った時に、通常ならそれぞれの専門業者に依頼しなければならないのですが、便利屋ではあらゆることに対応していることが多いので、両方とも修繕してくれることも多く、また料金も時間単位で設定しているところが多いので、専門業者に依頼するよりも安く依頼できることもあります。

自宅の片付けをしてくれる。

高齢者にとって自宅の片付けは、大掛かりな作業となります。体力も衰えている人が多いことから、重いものを持って移動するのも大変ですし、片付けて処分したいものがあっても、出たゴミの量によっては集積所などに持ち運べないこともあります。便利屋では片付けの代行ももちろん行っており、ゴミの処分についても代行をしてくれます。今後ますます高齢化が進む中で、さまざまな雑務を代行してくれる便利屋の需要は高まることでしょう。

便利屋は、網戸の張替えから廃品物回収、ペットのお世話などをしてくれます。時給制でお仕事が頼めるので便利です。