太陽光発電はメンテナンスが重要!長持ちさせるコツ

何故メンテナンスしないといけないの?

近年販売されている太陽光発電システムは、寿命が20年以上あり、丈夫になっているので、メンテナンスのコストはほとんどかからないと言われていますよね。実際、メンテナンスフリーと謳っているメーカーや販売施工会社もありますし、壊れにくいと言われているものですが、精密機械でもあるので、絶対に故障しない、性能低下が起こらないとは限りません。雷や台風などの自然現状による故障や経年劣化や寿命による故障、工事ミスや接続不良などでもトラブルが起こる可能性もあります。また、経年劣化による性能低下によって売電収入が減ることも考えられますから、メンテナンスをしたほうがトータル的にメリットがあると言えるのです。

メンテナンスは誰がするの?

太陽光発電システムの定期点検は、一般的に販売・施工会社のJPEA認定PV施工技術者やメーカー認定技術者などが行います。メーカーは、販売施工会社側に資格保持者や認定技術者が在籍していなければ販売代理契約をしないことになっていますから、契約時にしっかりチェックしましょうね。定期点検は、太陽電池モジュールや接続箱、パワーコンディショナー、昇圧ユニットの点検を行う製品点検、パワーコンディショナーと昇圧ユニットの動作確認をする運転点検、太陽電池、電力系統の電圧測定衣、太陽電池や機器間の絶縁抵抗測定の実施をする数値測定をします。その他にも、洗浄などのメンテナンスをしてくれる場合もありますよ。

定期メンテナンス以外にも、日常的に点検しよう

太陽光発電システムは、定期点検だけではなく、日常的にも点検することが大切です。パワーコンディショナー本体や太陽光パネル、外線内線ケーブル、接続箱などの傷や汚れ、破損、欠損、腐食、配線ハズレ、異音や振動、異臭などはないか。明細書やモニターを見て、発電状況をチェックし、異常がないかを調べるといったこともしてください。また、発電量監視システムという機器もあります。発電量の異常を検知すると、販売施工会社と設置者に通知が届くため、設置することで不具合にすぐに気づくことができるというメリットもありますよ。

太陽光発電の価格はソーラーパネルと工事費が大半で、ソーラーパネルを取り付けるための補強工事の価格も考慮しておきます。