防犯カメラを導入しよう!選択のポイント3選

画質の良さをチェックしてみよう!

防犯カメラは犯罪を未然に防ぐ意味合いがあるのはもちろんですが、犯罪が起こってしまった瞬間を捉える事も大切ですよね。ですから最低限の画質は確保する必要があります。そしてできるだけ実際に撮影した動画をチェックするようにしましょう。商品説明にははめ込み画像が使用されている事がありますが、実際にチェックしてみると説明で見たよりも画質が悪いという可能性もありますので注意が必要です。もちろんスペックもよく確認して決める事が大切ですね。

暗視カメラなら夜間撮影もOK!

犯罪がよく行われるタイミングと言えば夜間ですよね。ただ、ノーマルのカメラですと夜間撮影はできませんので注意しましょう。夜間もしっかりと撮影する為には暗視カメラが適しています。暗視タイプですと暗いところでも撮影する事ができますので、暗がりでの犯罪の瞬間も見逃さずに捉える事が可能です。ただ、夜間撮影の場合はスペックがある程度ないと鮮明に映す事はできませんので、最低限のスペックがあるタイプを選ぶのが鉄則ですね。

防水機能で室外の撮影も安心!

防犯カメラを設置する場所は室外になる事もあるものですが、室外で撮影する際には防水性能があるタイプを選ぶ必要があります。カメラをしっかりとガードできるところなら防水仕様でなくても良いのですが、雨に濡れたり湿気を浴びるような場所の場合は防水性能が必須ですね。因みに防水だからといってあからさまに設置しないように注意が必要です。特に犯罪の瞬間を押さえたい時には隠す事も大切ですので、目立ち難い場所に設置するといった工夫も大切ですよ。

売れ筋の防犯カメラには、標準仕様として、赤外線暗視装置が装備されています。これが夜間の防犯に威力を発揮します。